坂本園の静岡茶・川根茶・産地直送、お茶の通販-川根 新茶

坂本園の静岡茶・川根茶・産地直送、お茶の通販-川根 新茶



カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
発送休業日のお知らせ

モバイル

Feed

徳用干し椎茸 100g 入り

 坂本園の所有する山林にてコナラの木を育て、毎年大きくなった木を切り出し椎茸の原木栽培を行っています。
標高の高い川根本町で作る椎茸はとても香りがいいと好評です。
 徳用干し椎茸は少し広がった椎茸を乾燥させました。どんこ(肉厚の干し椎茸)より早く水でもどせますので、お気軽にご家庭でのお料理にお使えいただけます。
 乾燥は天候により天日干しの時もあれば、機械乾燥の時もあります。椎茸は全て自然栽培ですので多少写真と異なる場合があります。
 収穫できる時期が限られていますので、売り切れの場合は次の収穫時期(秋と春、年2回採れます)までお待ち下さい。

原木栽培 しいたけ

 しいたけの栽培方法には「原木(げんぼく)栽培」と「菌床(きんしょう)栽培」との2種類があります。スーパーなどで見かけるしいたけには栽培方法、原産地が表示されていますがそのほとんどが菌床栽培と書いてあります。
 原木栽培では、しいたけ菌を植え付けた「ぼた木」を伏せこみ、1年から2年かけてじっくりしいたけを発生させます。一方、菌床栽培では、おがくず、トウモロコシがらなどに、砂糖などの栄養剤を加え固めたものにしいたけ菌を培養し、100日あまりで発生させるようです。
 原木栽培は「ぼた木」となるコナラの木やクヌギの木が必要なことや「ぼた木」の山からの切り出し、運搬作業「重いです。」等手間も時間もかかりますが香りがよく、光沢や色も違い、自然な昔ながらの栽培方法です。

最近は日本でも菌床栽培を行っていますが中国産が主で、原木栽培しいたけは国産です。
参考資料:(農山漁村文化協会、日本産原木乾ししいたけをすすめる会発行)  

販売価格 1,080円(税80円)
購入数

この商品を買った人はこんな商品も買っています